あがり症のせいで、面接や仕事、プレゼンや受験、結婚式など緊急で緊急事態が!克服する方法は?

  1. あがり症で仕事が続かない?おすすめの仕事をご紹介します!
    1. あがり症の人が仕事が続かない原因
      1. まわりに人がいると落ち着かない
      2. 過去の失敗がトラウマになっている
      3. 自分の意見を言う事が出来ない
    2. あがり症の人におすすめの仕事
      1. 会議やプレゼンの機会が少ない仕事
      2. 突然の電話対応がない仕事
      3. 一人で黙々と作業出来る仕事
    3. あがり症を克服する事は出来る?
      1. 人がまわりにいる環境に慣れていく
      2. 自分の特徴を知り仕事を選ぶ
    4. あがり症に合う仕事の特徴を知る
  2. あがり症は面接で落ちる?面接で落ちないための対処法をご紹介します!
    1. あがり症の人は面接で落ちる?
    2. あがり症の人が面接で落ちると言われる理由
    3. あがり症でも面接で落ちない対処法
      1. 面接の練習を繰り返し行う
      2. 面接の直前はリラックス出来る事に集中する
      3. あがり症だという事を伝える
  3. あがり症でプレゼン失敗!原因や解決策をご紹介します!
    1. あがり症とは?
    2. あがり症でプレゼン失敗してしまう原因
    3. あがり症で失敗しやすい人の特徴
      1. 失敗を過度に恐れている
      2. 自己肯定感が低い
    4. あがり症でプレゼン失敗を防ぐための方法
      1. 最悪の状態を想定して準備をする
      2. 緊張する事は悪い事ではないと知る
  4. あがり症でも教師になれる?あがり症対策についても解説します!
    1. あがり症でも教師になれる?
    2. あがり症の人が教師になった際に困る事
      1. 人前で話す機会が多い
      2. 大勢の意見をまとめなければならない事が多い
      3. 声が小さいと届かない
    3. あがり症対策方法はある?
      1. 場の雰囲気に慣れるようにする
      2. 場数を踏む
    4. あがり症の人が教師であるメリット
  5. あがり症の人の運転は危ない?体験談や克服方法をご紹介します!
    1. あがり症の人の運転は危ない?
    2. あがり症の人の実体験談
      1. 本番になった途端、基本操作が出来なくなった
      2. 注意力が足りず、路上教習になかなか出られない
    3. あがり症の人が安全な運転をするための克服方法
      1. 体で覚えるくらい運転スキルを叩き込む
      2. 色々なケースのシミュレーションをする
      3. あがり症改善プログラムを利用する
  6. あがり症の人のネイリストとして悩みとは?解決方法もご紹介します!
    1. あがり症でもネイリストになる人はいる?
    2. あがり症の人のネイリストとしての悩みとは?
      1. 緊張で指先が震える
      2. 不安感がお客様に伝わってしまう
      3. 手に汗をかいてしまう
      4. 施術中のコミュニケーション
    3. あがり症の人がネイリストとしての悩みを解決する方法
      1. 自分に完璧を求めない
      2. 目の前の事に集中する
  7. あがり症で受験が不安!原因や対処法をご紹介します!
    1. あがり症で受験が不安という人は多い?
    2. あがり症の人が受験で不安になる原因
      1. 不合格になってしまう事への恐怖心
      2. 慣れない会場での緊張
      3. 他人からの視線
    3. あがり症で受験が不安な時の対処法
      1. やるべき事をやる
      2. 不安要素を書き出して客観的に見る
      3. 合否にこだわり過ぎない
  8. あがり症の人が結婚式で不安な理由とは?対処法もご紹介します!
    1. あがり症で結婚式当日失敗しやすい人は多い?
    2. あがり症でも結婚式で緊張しない方法はある?
    3. あがり症の人が結婚式で不安になる要素とは?
      1. 両親への手紙
      2. スピーチ
      3. バージンロード
    4. あがり症の人が結婚式で緊張しないための方法
      1. 何度もイメージトレーニングをする
      2. 成功・失敗ではなく楽しむ気持ちを持つ
  9. あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由とは?対処法もご紹介します!
    1. あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由
      1. 失敗する事への恐怖心
      2. 自分に自信がない
      3. 人の目が気になる
    2. あがり症の人がダンスを楽しむことは可能?
    3. あがり症の人がダンスで失敗しないための対処法
      1. 場数を踏む
      2. 本番前はリラックスする
      3. 完璧主義を捨てる
  10. あがり症でもバイトは出来る?働きやすいバイト先や克服方法をご紹介!
    1. あがり症でもバイトは出来る?
    2. あがり症の人が働きやすいバイトとは?
      1. 適度に人と関わるようなバイト
      2. 突発的な電話対応などがないバイト
      3. 裏方としてのバイト
    3. あがり症の人がバイトをする時の注意点
      1. 基本的な挨拶は必ず自分からする
      2. つらい時は早めにバイトを変える
    4. あがり症を改善する方法はある?
      1. 思考の変換であがり症を改善
      2. 場数を踏む

あがり症で仕事が続かない?おすすめの仕事をご紹介します!

あがり症の人は、人前で緊張してしまい、せっかく仕事に就いてもすぐに辞めてしまうケースが多く、仕事に対して自信を持てなくなってしまう事もありますよね。

一回の失敗がトラウマになり、その後仕事を探す事に臆病になってしまう事もあるでしょう。

そこで今回は、あがり症の人が仕事が続かない原因やおすすめの仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。

あがり症で仕事に関して悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人が仕事が続かない原因

それではまず、あがり症の人が仕事が続かない原因から解説していきたいと思います。

まわりに人がいると落ち着かない

まず1つ目の原因は、まわりに人がいると落ち着かないからという事です。

あがり症ではない人の場合は、まわりに人がいても少し気が散ってしまう程度で済みますが、あがり症の人は自分自身がまわりからどう見られているかを過度に気にする傾向があるので、まわりに人がいるというだけで落ち着かなくなってしまうケースがあります。

そのため、仕事に集中する事ができず、業務に支障が出てしまったり失敗が続き仕事が続かない原因に繋がってしまうのです。

過去の失敗がトラウマになっている

2つ目の原因は、過去の失敗がトラウマになっているという事です。

あがり症の人は、まだ起こっていない失敗に対しても敏感ですが、過去に何らかの理由で失敗をしてしまった事などを鮮明に覚えていて、トラウマとして残ってしまう人もいるのです。

このような場合は、同じようなシチュエーションになると、あがり症の症状がいつも以上に出やすくなり、仕事に集中できない要因となるのです。

自分の意見を言う事が出来ない

そして3つ目の原因は、自分の意見を言う事が出来ないという事です。

仕事の場面では、同僚だけでなく上司に対しても、意見がある場合はしっかり伝えなければならない事が多々ありますよね。

しかしあがり症の人の場合、言わなくてはいけない意見でもなかなかスムーズに伝えることが出来ず、同じ職場の人達と意思疎通をし合う事が難しい場面が多いと考えられます。

そのため、円滑なコミュニケーションを取る事が出来ず、結果的に仕事が続かない事に繋がってしまうのです。

あがり症の人におすすめの仕事

では次に、あがり症の人におすすめの仕事をご紹介していきましょう。

会議やプレゼンの機会が少ない仕事

まず1つ目は、会議やプレゼンの機会が少ない仕事です。

あがり症の人の場合、特に会議での発言や大勢の前で発表する必要のあるプレゼンに対して、苦手意識を持っている人が多いと思います。

そのため、出来るだけ会議やプレゼンの機会が少ない仕事を選ぶ事で、仕事が続くようになる事に繋がるでしょう。

突然の電話対応がない仕事

2つ目は、突然の電話対応がない仕事です。

あがり症の人は、声だけでコミュニケーションを取らなければならない電話対応が苦手という人もいますよね。

仕事の中でも接客業や、事務仕事は電話対応が日常的に行われています。

そのため、あがり症の人はこのような仕事を避ける事で、仕事がやりやすくなるでしょう。

一人で黙々と作業出来る仕事

そして3つ目は、一人で黙々と作業出来る仕事です。

あがり症の人の場合、人とのコミュニケーションで悩んでいるケースが多いので、思い切って人との関わりが少なく、黙々と作業出来る仕事を選ぶのも一つの方法です。

あがり症を克服する事は出来る?

では次に、あがり症を克服する事は出来るのか?という部分について解説していきたいと思います。

結論から言うと、あがり症はしっかり原因を見極めて対処法を実践していけば、確実に克服していく事が可能です。

人がまわりにいる環境に慣れていく

1つ目の方法は、人がまわりにいる環境に慣れていくという事です。

どうしても仕事をしていく中では人との関わりは避けられません。

そのため、少しずつ人とコミュニケーションを円滑に取る事が出来るようになるために、まずはまわりに人がいても平常心でいられるように体を慣らしていく必要があります。

少しずつ実践していく事で、あがり症を改善していく事に繋がります。

自分の特徴を知り仕事を選ぶ

そして3つ目の方法は、自分の特徴を知り仕事を選ぶという事です。

仕事と言っても、色々なタイプの仕事があります。

あがり症の人にとって、少し工夫すれば支障なくこなせる仕事もあれば、どんなに努力をしても続かない仕事もありますよね。

そのため、まずは自分自身の特徴をしっかり理解した上で、仕事を選ぶ事もあがり症を克服して仕事を続けられるようになるためには必要な事でしょう。

あがり症に合う仕事の特徴を知る

あがり症の人が仕事を続けていくためには、あがり症の人でも続く仕事の特徴を知る事が非常に重要となってきます。

あがり症なのに、人と接する機会がずっと続くような仕事を選んでしまっては、必要以上に自分の出来ない部分にフォーカスしてしまうキッカケになります。

そのため、あがり症の人の場合は接客業というよりも、黙々と自分のペースで出来る仕事を選んだ方が自分らしく働けるでしょう。

自分は仕事が続かないと諦めず、自分に合う方法と仕事を選ぶようにしましょう。

======================
あがり症で悩んでいるあなたへ。
もう悩むのは、終わりにしませんか?
======================

膝はガクガク…。

喉はカラカラ…。

頭は真っ白…。

あがり症の苦しみは、
なかなか人に理解してもらえないので、
一人で抱え込んでいるかもしれません。

しかし、1日たった15分で、
あなたも人前で落ち着いて
わかりやすく話せるようになれる方法があります。

極度のあがり症を改善し、
スピーチの全国大会で準優勝!

そんな経験&実績のある心理カウンセラーが開発した
【あがり症改善プログラム】です。

このプログラムは、

☆あがり症改善に特に効果のある心理学&心理療法
☆スピーチ・プレゼンに必要な実践的スキル

という今までにはなかった
画期的な教材となっています。

開発者の心理カウンセラーが
極度のあがり症で悩み苦しんだ経験を持つので、
あなたの苦しみが誰よりもわかるとのこと。

既に多くの人々が実践し、
あがり症改善に成功しています。

あがり症を改善したい方は、
今すぐこちらをクリック!
↓↓

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

あがり症は面接で落ちる?面接で落ちないための対処法をご紹介します!

就職の際の面接に限らず、アルバイトやパートでも仕事に就くための最初の関門でもある面接。

あがり症でない人でも、面接は緊張するものですが、あがり症の人は特に面接で落ちるのではないかと不安になりますよね。

投げかけられた質問に対して、瞬時に答えなければならない面接では、緊張すればするほどうまく答えられなくなってしまうケースが多いでしょう。

そこで今回は、あがり症の人は面接で落ちる?というテーマで、落ちないための対処法と併せてご紹介していきたいと思います。

あがり症の人で、これから面接を控えているという場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人は面接で落ちる?

それでは早速、あがり症は面接で落ちるのか?という部分について解説していきましょう。

結論から言うと、あがり症だからと言って必ず面接に落ちるという事はありません。

実際に、企業の面接を担当する人事担当者を対象にしたアンケートによると、10人中9人があがり症だからと言って面接で落とす事はないと答えています。

面接は、あくまで会社のために一生懸命仕事をしてくれる人かどうかを見る事が重要なので、あがり症は面接で落ちる直接的な原因にはならないのです。

あがり症の人が面接で落ちると言われる理由

では次に、あがり症の人が面接で落ちると言われる理由について見ていきましょう。

面接をする際に、あがり症という事が落ちる直接的な原因にはならないと言いましたが、それでもあがり症は面接に落ちるという風に言われる事が多いですよね。

それは、なぜなのでしょうか?

それは、あがり症の人の場合、面接を受けている時の仕草が不利に働くことがあるからです。

あがり症の人は、面接の際に過度な緊張によって、他の人よりも落ち着きがなくなるケースが多いです。

そのため、そわそわした雰囲気から、能力不足な印象を面接で与えてしまいやすいという特徴があり、落ちると言われる要因となっているのです。

また、緊張のためスムーズに喋れず、自分の言葉がしっかりと面接官に伝わらない事もあります。

このような場合、まわりから見るとコミュニケーション能力が低いという印象になってしまう事があり、一般的に面接では不利だと言われる原因となってしまっているのですね。

あがり症でも面接で落ちない対処法

さてここまでで、あがり症の人が面接で落ちると言われる理由などについて解説してきましたが、ここからは具体的な対処法をご紹介していきたいと思います。

面接の練習を繰り返し行う

まず1つ目の対処法は、面接の練習を繰り返し行うという事です。

「場数を踏む」という言葉がありますが、やはり何事も場数を踏んでいればいるほど、その物事に対する緊張感を少なくする事が出来ます。

特に、あがり症は失敗する事を過度に恐れる傾向があるので、面接の練習を繰り返し行う事で、自分の苦手な部分を知る事ができ、失敗を回避できる方法を考える事が出来るのです。

面接では、質問される事はだいたい決まっていますよね。

もしも、ある程度質問を想定できる状態ならば、質問に対する答えを体が覚えるくらいまで叩き込むのも一つの方法でしょう。

何度も繰り返し行う事で、例え面接当日に頭が真っ白になってしまっても、体が覚えていれば無意識にでもスラスラ答えられる場合もあります。

練習を繰り返す事で、自信にも繋がるのでおすすめです。

面接の直前はリラックス出来る事に集中する

2つ目の対処法は、面接の直前はリラックス出来る事に集中するという事です。

これは、プロのスポーツ選手なども取り入れている対処法で、好きな音楽を聴いたりする事で過度な緊張を和らげ、集中する事が出来ると実証されているのです。

テンションが上がるものや、リラックス出来るものなど、自分に合った方法を取り入れてみましょう。

あがり症だという事を伝える

そして3つ目は、あがり症だという事を伝えるという事です。

あがり症が、何年も前から続いている人の場合、いきなり克服する事は難しいケースも多いと思います。

そのため、いかに面接官に悪い印象を持たれないようにするかを考えた方が早い場合もあるのです。

このようなケースでは、最初からあがり症で緊張しやすいという事を伝えておくと、多少答える時にしどろもどろになってしまっても、緊張でそうなっているという事を理解してもらえる可能性があります。

全てのケースで対応できるものではありませんが、マイナスの印象に直結する事を防ぐ効果は期待できるでしょう。

あがり症を抱えていると、どうしても大切な場面で失敗してしまう事が多くなり、自信を失ってしまうケースが多いと思います。

しかし、あがり症は対処法次第でいくらでも改善する事が可能な特徴と言えます。

特に、過度な緊張から来る失敗は、場数を踏むことである程度コントロール出来るようになる事が多いので心配いりません。

あがり症で、面接に落ちる不安を常に抱えている人は、ぜひ今回ご紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

あがり症でプレゼン失敗!原因や解決策をご紹介します!

社会人になると、何かと仕事でプレゼンをする場面がありますよね。

プレゼンは、通常の業務とは異なり大勢の前で分かりやすく話す事が求められるので、あがり症に人にとっては非常に緊張するシーンでしょう。

中には、あがり症が原因でプレゼンが失敗してしまったという人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、あがり症でプレゼン失敗してしまう原因や解決策をご紹介していきたいと思います。

大切な場面でいつも失敗してしまうという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症とは?

それではまず、そもそもあがり症とはどのようなものなのかをご紹介していきましょう。

あがり症とは、別名「社会不安障害」とも呼ばれており、人前で話す必要があるプレゼンや、何かパフォーマンスをしなければならない場面で普通に出来なくなってしまう状態の事を指します。

あがり症は、重度になると社会生活に支障が出てしまうほど酷いケースもあり、最近ではあがり症専門の外来などもあるくらい悩んでいる人が多いのです。

あがり症の一般的な症状は、下記のようなものが挙げられます。

・人前で話そうとすると顔が赤くなる

・頭が真っ白になる

・人前でうまく話す事が出来ない

・緊張すると呼吸が浅くなる

・人前で話す時に震えたり変な汗をかく

あがり症でプレゼン失敗してしまう原因

では次に、あがり症でプレゼン失敗してしまう原因について解説していきたいと思います。

先ほども挙げた通り、あがり症の人は人前で話す場面になると、極端に緊張してしまうという特徴があります。

頭の中で考えていた事が、一瞬にして抜けてしまい頭が真っ白になったり、呼吸が浅くなる事でプレゼン内容がうまく伝わらないという状況に陥ってしまうケースが多いのです。

そのため、あがり症の人はプレゼンのような重要な場面で失敗しやすいと言えるでしょう。

あがり症で失敗しやすい人の特徴

では次に、あがり症で失敗しやすい人の特徴について見ていきたいと思います。

失敗を過度に恐れている

まず1つ目の特徴は、失敗を過度に恐れているという事です。

あがり症ではない人でも、失敗する事は嫌ですが、幼い頃から失敗した時に何度も怒られたり、必要以上に厳しく注意されて育った人は、挑戦する前から失敗する事への恐怖心が先に出てきてしまい、普通の人よりも過剰に失敗を恐れる傾向があるのです。

誰でも、慣れない事は失敗する可能性があり、失敗がなければ成長する事も出来ません。

しかし、あがり症の人は失敗した行動に伴って、怒られたり注意される時に人格までも否定されている事が多く、本人にとってはトラウマのように根強く残ってしまっているケースも多いと言われています。

このように、幼い頃からの影響によって、失敗を過度に恐れている傾向にある人は、失敗しやすい状況に自ら持って行ってしまう場合が多いでしょう。

自己肯定感が低い

そして2つ目は、自己肯定感が低いという事です。

自己肯定感とは、「生きているだけで価値があって素晴らしい」という感覚の事ですが、あがり症で失敗しやすい人というのはこの自己肯定感が人よりも低い傾向にあるのです。

自己肯定感が低いと、何か失敗した時に自分の人間としての価値自体も無いに等しいと感じてしまい、それが人前で委縮してしまう1つの要因に繋がります。

1つでも失敗すると、もう自分には価値がないと思ってしまい、さらに自分を緊張状態にしてしまうのです。

このような特徴がある人は、あがり症になりやすく失敗しやすいと言えるでしょう。

あがり症でプレゼン失敗を防ぐための方法

それでは最後に、あがり症でプレゼン失敗を防ぐための方法をご紹介していきたいと思います。

最悪の状態を想定して準備をする

最悪の状態を想定して準備をするという事です。

あがり症の人は、無理にポジティブ思考にして「失敗したとしても大丈夫」なんて事は考えられません。

そのため、逆に最悪の状態になったとしたら、どうなるのだろう?という事を考えておくと良いのです。

最悪の状態を想定していれば、頭が真っ白になってしまった時の対処法も考えておく事が出来ますし、最悪な状態を細かく想像する事で意外と安心できるケースもあります。

緊張する事は悪い事ではないと知る

緊張する事は悪い事ではないと知るという事です。

あがり症の人は、緊張しないためにはどうしたら良いのかと考えがちですが、そもそも誰でも緊張はします。

大切な場面や、失敗が許されないような場面では、誰でも緊張するものなのです。

そのため、まずは緊張=悪い事という思考を手放してみましょう。

プレゼンのような重要な場面では。あがり症の人でなくても緊張しますよね。

しかし、あがり症の人は通常の人の緊張とは異なり、その恐怖心が過度になってしまいます。

自分が、あがり症で失敗しやすい特徴に当てはまると思った人は、ぜひ今回ご紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

あがり症でも教師になれる?あがり症対策についても解説します!

学校の先生である教師の仕事は、常に生徒の前で話す事が日常的に必要になりますよね。

このような状況は、あがり症の人にとって恐怖とも言えるでしょう。

しかし、あがり症の人の中にも教師になりたいと思っている人はいると思います。

人前で話す事が極端に苦手なあがり症の人が、教師になる事は出来るのでしょうか。

そこで今回は、あがり症の人は教師になれる?というテーマで、教師になるためのあがり症対策についても詳しく解説していきたいと思います。

あがり症でも教師を目指したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症でも教師になれる?

それでは早速、あがり症でも教師になれるのか?という事について解説していきましょう。

結論から言うと、あがり症の人でも教師になる事は可能です。

あがり症の人は、人前で話す事が苦手だったり、大勢の人の前に立つと頭が真っ白になってしまう事が多いと思いますが、実際にあがり症でも、教師となって教える立場で活躍している人は大勢います。

難しいと感じる人もいるかもしれませんが、しっかりと対策を知っておく事であがり症の人でも教師を目指す事は可能なのです。

あがり症の人が教師になった際に困る事

では次に、あがり症の人が教師になった際に困る事についてご紹介していきましょう。

人前で話す機会が多い

まず1つ目は、人前で話す機会が多いという事です。

やはり教師という仕事は、大勢の生徒を前に話さなければならない機会が多いですよね。

頭の中で、話す事を組み立てて分かりやすく解説する必要があります。

そのため、あがり症の人が最も苦手とする部分が、教師の仕事をしていると降りかかってくる事が多いでしょう。

あがり症ではない人ならば、何でもなくこなせてしまうような場面でも、あがり症の人はとても苦労する場合があります。

大勢の意見をまとめなければならない事が多い

2つ目は、大勢の意見をまとめなければならない事が多いという事です。

教師という立場は、時には生徒の間に入って意見をまとめたり、一つの事柄について大勢で話し合う事が必要になります。

あがり症の人は、そもそも大勢の人の中で、自分が先頭に立って意見をまとめたりする事が苦手ですよね。

そのため、このような場面が多い教師の仕事では、困ってしまう事があるでしょう。

声が小さいと届かない

そして3つ目は、声が小さいと届かないという事です。

教師と言っても、小学生相手の教師から大学生などを相手にする教師など、年齢層は様々ですよね。

特に、大学などの場合は、教室自体が非常に広いケースが多いため、マイクを使ったとしてもあまりにも声が小さいと後ろの人まで声が届かない事があります。

また、あがり症の人は、自信のなさからモゴモゴした話し方になってしまう事が多いため、声が届かない事と併せて言いたいことが伝わりづらい事が多いでしょう。

あがり症対策方法はある?

それでは次に、あがり症の人が教師をするための対策方法についてご紹介していきましょう。

場の雰囲気に慣れるようにする

1つ目の対策方法は、場の雰囲気に慣れるようにするという事です。

あがり症の人は、起きていない失敗を過度に恐れてしまう傾向が強いと言われています。

それは、場の空気に飲まれてしまい、自分のキャパシティーが分からなくなってしまう事が一因として考えられます。

そのため、大勢の人がいる場に少しずつ自分を慣らしていくことで、あがり症の特徴を出にくくしていく事が可能になります。

場数を踏む

そして2つ目の対策方法は、場数を踏むという事です。

先ほどの、場の雰囲気に慣れるという事にも繋がりますが、やはり経験が少ない事に関してはあがり症の人でなくても緊張してしまうものです。

そのため、場数をとにかくこなしていくことで、その場に飲まれなくなり、あがり症の特徴を抑えることが出来るようになるのです。

あがり症の人が教師であるメリット

それでは最後に、あがり症の人が教師であるメリットをご紹介していきたいと思います。

あがり症の人は、普段から自分自身が緊張しやすい体質なので、緊張しやすかったり、人の前に立って意見を言う事が苦手な人の気持ちが手に取るように分かります。

そのため、大勢の前では自分の意見が言えないような生徒でも、あがり症の人が教師ならば自然と自分の気持ちを言いやすくなるというメリットが考えられます。

生徒の中にも、色々なタイプの人がいるので、自分の意見を言うのが苦手な人の気持ちが分かるという点が、あがり症の人が教師である最大のメリットと言えるでしょう。

あがり症の人でも、教師になりたいと思っている人は多いと思いますが、大勢の人の前に立つ必要があるので、諦めてしまうケースもあるでしょう。

しかし、あがり症の人でもしっかり対策をすれば、教師として活躍する事が出来るので、教師を目指したいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人の運転は危ない?体験談や克服方法をご紹介します!

多くの人が持っている運転免許。

初めて車を運転する時は、誰でも緊張してしまうものですよね。

特にあがり症の人は、ただでさえ人前に出ると緊張するのに、教官と1対1で車の中にいるとなると、その緊張感は人一倍強いと思います。

出来れば、あがり症を克服してリラックスしながら運転したいですよね。

そこで今回は、あがり症の人の運転は危ない?というテーマで、体験談や克服方法についてご紹介していきたいと思います。

これから、運転免許を取得しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人の運転は危ない?

それでは早速、あがり症の人の運転は危ないのか?という部分について見ていきたいと思います。

結論から言うと、何も対策をしないままあがり症の人が運転をしていると、危ないと感じる場面はあるでしょう。

運転は、瞬時にその場の状況を把握して判断する必要があるので、運転中は基本的にはほとんどの人は運転に集中していますよね。

しかし、あがり症の人は運転以外の部分で気が散ってしまい、運転に集中できていない事があるのです。

運転免許を取得するための教習では、教官と常に1対1で車に乗っている必要があり、適度にコミュニケーションを取りながら運転しなければなりません。

そのような場面は、あがり症の人にとって一番苦手なシチュエーションと言えるでしょう。

教官が隣にいるというだけで、緊張してしまい思うように運転が出来なくなってしまう人もいます。

このように、あがり症の人がそのままの状態で運転をした場合、やはり危ないと感じる場面は多いかもしれませんね。

あがり症の人の実体験談

では次に、あがり症の人が実際に運転をしている中で、どのような場面で運転が危ないと感じるかを体験談としてご紹介していきたいと思います。

本番になった途端、基本操作が出来なくなった

まず1つ目は、あがり症のために運転本番になった途端に、それまで出来ていた運転の基本操作が頭から抜けてしまったという体験談です。

40代主婦

「それまで、車がなくても生活には支障がなかったので、若い頃は運転免許を取得しようとは思いませんでした。

しかし、生活に車が必要になってきて、意を決して運転免許を取得しようと教習所に通い始めました。

出だしは好調で、実技もさほど問題なく進み、仮免の試験まで無難にたどり着けたのですが、問題は試験本番当日に起きました。

オートマ限定の運転免許取得試験だったので、基本操作はさほど難しくなく、他の受験生の試験中も後部座席に乗りながら

わりとリラックスして乗っている事が出来ていたのですが、自分の番が来た時です。

突然、運転に必要な基本操作が頭から抜けてしまい、頭の中が真っ白の状態に。

座席の合わせ方や、スムーズな発進、サイドブレーキの下ろし方など、全て減点対象になってしまうものばかり。

その失敗が頭から抜けず、運転中もオドオドしてしまい、結果的に試験は不合格になってしまいました。

その時、初めて自分があがり症なのだと実感し、運転に自信が持てなくなってしまったのです。」

注意力が足りず、路上教習になかなか出られない

次は、教官が隣にいる事で緊張してしまい、なかなか路上教習に出られないという体験談です。

10代学生

「私は極度のあがり症で、教習中に教官が隣にいると緊張ですぐにミスをしてしまいます。

運転自体は好きですし、性格診断なども問題ないのですが、とにかく緊張からのミスが多くてなかなか先に進めません。

先日は、手汗が酷く気を取られていたら、外周で脱輪してしまい「注意力が足りない」と怒られてしまいました。

運転技術というわけではなく、メンタル面での指摘が多いので、本当にこのまま免許が取れるのか不安です。」

このように、あがり症の人は実際に運転スキルに問題がなくても、あがり症ゆえのメンタルの影響で運転に支障が出てしまうケースが多いようですね。

あがり症の人が安全な運転をするための克服方法

では次に、あがり症の人が安全な運転をするための克服方法についてご紹介していきましょう。

今の時代、車の運転は必須という人も多いでしょう。

その中で、あがり症が原因で運転免許が取得できないというのは、出来れば避けたい事ですよね。

ここでは、運転に支障が出てしまうあがり症を克服する方法をご紹介していきます。

体で覚えるくらい運転スキルを叩き込む

まず1つ目は、体で覚えるくらい運転スキルを叩き込むという事です。

あがり症の人は、意識しようとしなくても人前に出ると緊張してしまい、体が動かなくなるという事が多いので、まずは頭で考えなくても体が動くくらい、何度も運転スキルを叩き込むという方法が有効です。

例えあがり症でも、体は一度覚えた事はよほどの事がない限り覚えています。

そのため、万が一頭が真っ白になっても、運転に支障がないくらい運転スキルを叩き込めば、精神的にも安心できるでしょう。

色々なケースのシミュレーションをする

2つ目は、色々なケースのシミュレーションをするという事です。

あがり症の人は、常に最悪のケースを考えて緊張感をさらに高めてしまうという特徴があります。

そのため、まずはどのような事が起きるとどうなるのか、という具体的なケースを考えて、それに対する対処法まで考えておくとまだ起こっていない失敗への恐怖心が和らぐでしょう。

あがり症改善プログラムを利用する

そして3つ目は、あがり症改善プログラムを利用するという事です。

自分自身で克服方法を実践しても、なかなか効果が現れないという人には「あがり症改善プログラム」がおすすめです。

あがり症改善プログラムは、人前に出ると緊張して失敗しやすい人や、大切な場面でいつも失敗してしまうという人に向けて考えられた改善プログラムなのです。

これを実践する事で、自分ではどうしようもなかったあがり症を、少しずつ改善させる事が出来ます。

あがり症の人にとって運転は、ただでさえ緊張するシーンの連続なのでなかなか克服する事が難しいと感じる人も多いと思います。

確かに、何も対処しない状態であがり症の人が運転するのは、危ない場面が伴うかもしれませんが、きちんと克服方法を知っていれば危ない事はありません。

今まで、あがり症で運転が危ないと感じていたという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人のネイリストとして悩みとは?解決方法もご紹介します!

指先の細かい作業によって、繊細で様々なデザインを爪に施していくネイリストの仕事。

女性に人気の高い職業ですが、ネイリストになりたくても、あがり症で繊細な指先の作業に不安を抱いているという人もいるでしょう。

そこで今回は、あがり症の人のネイリストとしての悩みは?というテーマで、解決方法も踏まえながら詳しくご紹介していきたいと思います。

あがり症でも、ネイリストの仕事がしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症でもネイリストになる人はいる?

ではまず、そもそもあがり症でもネイリストとして活躍している人はいるのか?という点から見ていきましょう。

結論から言うと、あがり症でもネイリストの仕事に携わっている人は大勢います。

ネイリストの仕事は、繊細な指先の作業が多いので、あがり症の人には不安が大きい職種かもしれませんが、改善方法を知っていればネイリストとして仕事をする事は可能なのです。

あがり症の人のネイリストとしての悩みとは?

それでは次に、あがり症の人がネイリストとして仕事をする上で、多く挙げられる悩みについてご紹介していきたいと思います。

緊張で指先が震える

まず1つ目の悩みは、緊張で指先が震えてしまうという事です。

ネイリストの仕事は、繊細な指先の動きが要求されますよね。

しかし、あがり症の人は人と接する時に緊張してしまう事から、指先が震えてしまうケースが多いのです。

ネイルのデザインによっては、指先が震えてしまうとキレイな仕上がりにならない事も多いので、あがり症の人がネイリストとして仕事をする上では、非常に悩む部分と言えるでしょう。

不安感がお客様に伝わってしまう

2つ目の悩みは、不安感がお客様に伝わってしまうという事です。

あがり症の人は、人と接する時に常にあがり症の症状が出るので、いつでも不安感が表情や動作に出てしまいますよね。

その表情や動作は、ネイルの施術を受けるお客様にも、嫌でも伝わってしまいます。

本来ネイリストは、お客様の要望を聞きながら、リラックスして施術を受けてもらいきれいになった指先を見て喜んでもらうのが仕事です。

そのため、不安感が表に出やすいあがり症の場合、多く挙げられる悩みに入るでしょう。

手に汗をかいてしまう

3つ目の悩みは、手に汗をかいてしまうという事です。

あがり症の人は、緊張すると手に汗をかいてしまうという人が多くいます。

普通に生活する上では、手に汗をかいていてもハンカチなどで拭けば問題ありませんが、ネイリストではそうはいきません。

ネイルは常に、お客様の指とネイリストの手が密着している状態で施術を行うので、手に汗をかくとお客様にも汗がついてしまう可能性があるからです。

また、その心配から余計手に汗をかきやすい状態になる事もあります。

施術中のコミュニケーション

そして4つ目の悩みは、施術中のコミュニケーションです。

ネイリストは、最初に大まかな希望をお客様から聞いて、施術中もお客様が楽しく過ごせるように適度にコミュニケーションを取る必要があります。

しかし、あがり症の人の場合、緊張から声が震えたり顔が赤くなり、頭が真っ白になるというように適度にコミュニケーションを取る事が難しいケースが多いでしょう。

そのため、あがり症の人がネイリストとして仕事をする上で、お客様とのコミュニケーションは非常に悩みの種になると言えます。

あがり症の人がネイリストとしての悩みを解決する方法

さて、あがり症の人がネイリストとして仕事をする上で抱える悩みをご紹介しましたが、このような悩みがあっても効果的な解決方法を知っていれば、スムーズに仕事をする事が出来ます。

ここでは、あがり症の人がネイリストとして安心して仕事をする事が出来るようにするための解決方法を、ご紹介していきたいと思います。

自分に完璧を求めない

まず1つ目は、自分に完璧を求めないという事です。

あがり症の人は、自分自身に対して過度に完璧さを求めたり、期待値が高すぎる傾向があります。

そのため、ちょっとの失敗でもトラウマになりやすく、また同じ失敗をする事に対して過度に敏感になってしまうのです。

しかし、どんな人でも失敗する事はあります。

特に、あがり症の症状が重い人ほど、人から見たら失敗に入らないような事まで、失敗したと捉えてしまう事があるので、自分自身に完璧さを求め過ぎないという事が大切でしょう。

目の前の事に集中する

2つ目は、目の前の事に集中するという事です。

あがり症の人は、緊張を隠そうとするあまり、目の前の事に集中できないという特徴があります。

しかしこれは、逆転の発想で目の前の事に集中して、ネイルを施すことだけを考えていれば、緊張している事を忘れてしまうという可能性もあるのです。

お客様は、出来上がるネイルを楽しみにしているわけですから、お客様の指先にだけ集中するという事も解決方法として有効です。

ネイリストの仕事は、指先の細やかな作業を要求される仕事なので、あがり症の人にとっては悩みが多い職業かもしれませんね。

しかし、あがり症は方法さえ分かれば少しずつ改善していく事が可能です。

あがり症によって、ネイリストの仕事に支障が出てしまって悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

あがり症で受験が不安!原因や対処法をご紹介します!

受験は、もちろん合否も不安になりますが、受験会場の独特の雰囲気で緊張しないという人の方が少ないですよね。

特に、あがり症の人は静寂に包まれた場所や、人が大勢いる所が苦手という人が多いため、受験に対して不安を抱えていることでしょう。

そこで今回は、あがり症で受験が不安という人に向けて、原因や対処法をご紹介していきたいと思います。

これから受験を控えているという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症で受験が不安という人は多い?

それでは早速、あがり症で受験が不安という人は多いのか?という部分から見ていきましょう。

あがり症の人は、普段なかなか自分があがり症だという事を相談できる機会が少ないため、他の人が自分と同じように緊張しているのかが分からないと感じているケースが多いと思います。

しかし、受験会場ではあがり症の人でなくても緊張しますし、色々最悪なケースを考えて不安に感じている人は想像以上に多いようです。

あがり症の人が受験で不安になる原因

それでは次に、あがり症の人が受験で不安になる原因について解説していきましょう。

原因が分かれば、ある程度対処する事が可能になります。

不合格になってしまう事への恐怖心

まず1つ目は、不合格になってしまう事への恐怖心です。

あがり症の人は、過度に失敗を恐れる傾向があります。

受験は、あがり症の人でなくても緊張するものですし、どんなに勉強してきても落ちる可能性はあります。

しかし、あがり症の人は苦手な部分や、自分の実力が劣っているのではないかと必要以上に心配してしまうので、受験に対する不安が大きくなるのです。

慣れない会場での緊張

2つ目は、慣れない会場での緊張です。

受験は、張りつめた雰囲気の中で行われますよね。

そのような空間は、あがり症の人にとって最も苦手とする空間でしょう。

シャープペンの音だけが響く会場では、いつも以上に手に汗をかいてしまったり、挙動不審になってしまう人もいますよね。

そのような状況を想像しているだけで、緊張感が増してしまい不安に思うのです。

他人からの視線

そして3つ目は、他人からの視線です。

受験会場では、カンニング防止などで度々試験官からの視線を感じますよね。

このような視線も、あがり症の人にとってはプレッシャーになります。

そのような視線を感じるだけで、あがり症の人は手に汗をかいてしまったり、顔があかくなってしまうので、不安に感じてしまいますよね。

あがり症で受験が不安な時の対処法

では次に、あがり症で受験が不安な時の対処法について解説していきたいと思います。

やるべき事をやる

まず1つ目は、やるべき事をやるという事です。

人は、何かに集中している時に、同時に不安になる事は出来ないと言われています。

そのため、まずは目の前のやらなくてはならない事に意識的に集中する事で、余計な不安感を感じずに済むのです。

受験当日はもちろんですが、これ以上勉強できないと思えるまで参考書などを読み込むくらいの意識で取り組めば、物理的に他の事を心配する余裕をなくすことが出来ます。

不安要素を書き出して客観的に見る

2つ目は、不安要素を書き出して客観的に見るという事です。

あがり症の人は、まだ起きていない失敗や状況を考えて、過度に緊張してしまう事がよくあります。

そのため、どのような部分が自分にとって不安要素となっているのかを、全体像として客観的に見ることが出来るようになると、過度な緊張を感じずに済むケースが多いのです。

合否にこだわり過ぎない

3つ目は、合否にこだわり過ぎないという事です。

受験をするのなら、合格したいという気持ちはもちろん大切です。

しかし、人よりも過度に緊張したり不安になる傾向が強いあがり症の人の場合は、あまりにも合格する事にこだわり過ぎると、受験自体がプレッシャーになり、かえって失敗を引き寄せてしまう可能性があるのです。

そのため、本番で緊張しやすいあがり症の人の場合は、合否だけにこだわり過ぎず自分のベストを尽くすという意識で臨むと良いでしょう。

あがり症の人にとって受験は、とても緊張しやすい場面と言えるでしょう。

大勢の人がいる空間、試験官からの視線、張りつめた空気感など、どれもあがり症の人にとっては苦手な要素が詰まっています。

しかし、しっかりとやるべき事をやって、対処法を身につけさえすれば、過度の怖がる必要はありません。

あがり症で受験が不安という人は、ぜひ今回ご紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

あがり症の人が結婚式で不安な理由とは?対処法もご紹介します!

一生の中で、一大イベントである結婚式。

お世話になった人を呼んで、一緒に楽しい時間を過ごすためのものですが、あがり症の人にとっては緊張でしかないイベントかもしれませんね。

特に、両親への手紙やスピーチなど、人前で話す時の視線はあがり症の人にとって、かなりのプレッシャーになりますよね。

そこで今回は、あがり症の人が結婚式で不安な理由というテーマで、結婚式で失敗しないための対処法も併せてご紹介したいと思います。

これから結婚式などで、人前で話す機会があるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症で結婚式当日失敗しやすい人は多い?

それでは早速、あがり症で結婚式当日失敗しやすい人は多いのか?という点について解説していきましょう。

結論から言うと、あがり症の人の中には結婚式当日に、極度の緊張から失敗してしまったという人も実際に多いようです。

結婚式は、大勢の人が集まりますし、立場や関係性も様々ですよね。

お祝いの席なので、色々な人と話す機会が多くなり、あがり症の人にとっては終始緊張しっぱなしの状態とも言えます。

このように、常に緊張状態の中では、やはりいつも通りの自分を出す事が出来ず、失敗してしまうケースが多いのです。

あがり症でも結婚式で緊張しない方法はある?

それでは次に、あがり症でも結婚式で緊張しない方法はあるのか?という事について解説していきましょう。

もちろん、あがり症の人でも対策さえしっかり行えば、いつもより緊張せずに結婚式を迎える事は可能です。

そのためには、どのような部分があがり症の人にとって不安要素になるのかを知っておく必要がありますね。

あがり症の人が結婚式で不安になる要素とは?

それでは、対処法をご紹介する前に、どのような点があがり症の人にとって不安要素となっているのかを見ていきましょう。

両親への手紙

まず1つ目は、結婚式の1つの見せ場でもある「両親への手紙」です。

参加者全員が注目する中、自分の声だけが響き渡るという状況は、あがり症の人にとっては非常に緊張するシーンですよね。

特に両親への手紙は、これまでの人生を振り返りながら読み進めるという事もあり、感動的な場面になればなるほど平常心を保つのが難しいと悩む人も多いようです。

スピーチ

2つ目は、スピーチです。

結婚式の披露宴開始時に行う新郎のスピーチ。

新婦にスポットライトが当たる事が多い結婚式ですが、この時は新郎にスポットライトが当たる瞬間です。

あがり症の新郎の場合、失敗しないかどうか緊張はマックスの状態になるでしょう。

いくら前日までにしっかり練習していても、いざ本番で大勢の人が注目している中でスピーチをするとなると、あがり症の人にとって冷や汗が止まらなくなるくらい緊張する場面ですよね。

バージンロード

そして3つ目は、バージンロードです。

参加者が注目する中、新婦と父親が静寂の中を歩くバージンロードも、あがり症の人にとってはとても不安要素が多いシーンです。

新郎が待っている場所までの道のりが、とてつもなく長く感じる事でしょう。

あがり症の人でなくても、バージンロードを歩くのは緊張します。

緊張から、足がもつれないか、歩き方がぎこちなくないかなど、あがり症の人にとって気になってしまう要素が多いと言えます。

あがり症の人が結婚式で緊張しないための方法

さて、あがり症の人が結婚式で不安になる要素を挙げてみましたが、どれも結婚式の見せ場とも言える場面ですよね。

結婚式を挙げるなら、やはり出来るだけ緊張せずに、式自体を楽しみたいと思う人が多いでしょう。

そこでここでは、あがり症の人が結婚式で緊張しないための方法をご紹介していきたいと思います。

何度もイメージトレーニングをする

まず1つ目は、何度もイメージトレーニングをするという事です。

イメージトレーニングは、自分の中での予行演習みたいなものですので、何度も繰り返しイメージする事でシチュエーションに対して慣れてくるという事が期待できます。

会場の雰囲気や、参加者からの視線、スポットライトなど細かくイメージングする事で、緊張感を事前に感じることが出来ます。

失敗するのではないかという心配ではなく、その会場や雰囲気を自分の脳に覚えさせる事で本番でも必要以上に緊張せずに済む可能性があります。

成功・失敗ではなく楽しむ気持ちを持つ

2つ目は、成功・失敗ではなく楽しむ気持ちを持つという事です。

結婚式は、発表会や仕事でのプレゼンではないので、成功・失敗などは本来ありません。

2人の結婚を祝う場なので、まずは楽しむ気持ちを持つようにしましょう。

確かに、あがり症の人にとっては、先ほど挙げたように緊張する要素が所々にありますが、結婚式という大きなイベントで緊張しないという人の方が少ないです。

そのため、失敗する事を怖がるよりも、楽しむ気持ちを大切にする事で緊張感が和らぐはずです。

結婚式は、あがり症でなくてもとても緊張するイベントですが、大勢の人の視線が集中するという事もあって、あがり症の人にとっては非常に不安が大きいシチュエーションですよね。

見せ場のほとんどが、静かな場面で視線が集まるようなシーンなので、その事を考えるだけで結婚式当日まで不安で眠れないという人も多いでしょう。

しかし、結婚式は誰でも緊張するものですし、例え上手に出来なくてもお祝いするための場だという事を思い出すことが出来れば、楽しむことが出来ます。

今回ご紹介した対処法も、ぜひ活用してみてくださいね。

あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由とは?対処法もご紹介します!

あがり症の人は、様々な場面で緊張してしまい、本来持っている力を発揮する事が出来ない事が多いですよね。

特に、ダンスのように大勢の人の前で、今までの練習の成果を発揮しなければならない場面は、あがり症の人にとって一番苦手な事かもしれません。

しかし、好きでダンスをしているのなら、やはり大勢の人に見てもらいたいと思うでしょう。

そこで今回は、あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由というテーマで、対処法も併せながら解説していきたいと思います。

あがり症でダンスを楽しめないと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由

それではまず、あがり症の人がダンスで失敗しやすい理由について見ていきましょう。

失敗する事への恐怖心

まず1つ目は、失敗する事への恐怖心です。

あがり症の人は、人前に出ると常に緊張してしまう事が多いため、失敗する事に対して過度に恐怖心を持っているケースが多いと言われています。

その過度の恐怖心や緊張によって、体が硬直してしまう事が多く、思うように練習の成果を発揮できない人が多いのです。

自分に自信がない

2つ目は、自分に自信がないという事です。

あがり症の人は、過去の失敗のトラウマを人よりも強く感じていることが多く、自己肯定感が非常に低い傾向があります。

そのため、自分のダンスに自信が持てず、常に失敗するのではないかと考えがちです。

また、人と自分のダンスの完成度を比較してしまうクセもあるため、例え他の人から見たら素晴らしい完成度だったとしても、「自分はまだまだだ」と思ってしまい、本番で失敗してしまうケースが多いのです。

人の目が気になる

そして3つ目は、人の目が気になるという事です。

あがり症の人は、人前に立ったり大勢の人がいる所にいると、顔が赤くなってしまったり、汗をかいてしまう事が多いですよね。

そのため、常に自分の言動が人からどう見られているかを過度に気にする傾向があり、ダンスに集中できず失敗してしまう事が多くなってしまうのです。

あがり症の人がダンスを楽しむことは可能?

では次に、あがり症の人がダンスを楽しむことは可能なのか?という点について見ていきましょう。

結論から言うと、もちろんあがり症の人でもダンスを楽しむことは可能です。

しかし先ほど挙げたように、あがり症の人が何も対策をしないままダンスを楽しもうとしてもなかなか難しいかもしれませんね。

あがり症の人は、意識しなくても人前に出ると頭の中が真っ白になったり、緊張によって言動に落ち着きがなくなってしまいます。

これは、反射的な反応でもあるので、防ぎようのない現象でもあるのです。

ただし、これからご紹介する、あがり症の人がダンスで失敗しないための対処法を実践する事で、徐々にあがり症を改善して行く事は可能です。

あがり症の人がダンスで失敗しないための対処法

それでは早速、あがり症の人がダンスで失敗しないための対処法をご紹介していきたいと思います。

自分に合った対処法を実践する事で、よりダンスでの失敗を恐れずに楽しむことが出来るようになりますよ。

場数を踏む

1つ目は、場数を踏むという事です。

あがり症の人でなくても、あまり慣れない場面では緊張します。

その緊張を和らげるのは、やはり何度も経験を積むことが一番早いかもしれません。

同じような場面を何度も経験する事で、その空間にいる事に慣れてきますよね。

そうすると、自然と最初の頃に感じていた緊張よりは少なくなっているはずです。

本番前はリラックスする

2つ目は、本番前はリラックスするという事です。

よく、プロのスポーツ選手も本番前は演技とは全く違う音楽を聴いたりして、リラックスする時間を設けていますよね。

これは、本番で力を発揮するために非常に効果的なリラックス方法と言われています。

特にあがり症の人は、人よりも緊張しやすい体質なので、意識的に本番前は音楽などを聴いてリラックスすると効果的でしょう。

完璧主義を捨てる

そして3つ目は、完璧主義を捨てるという事です。

あがり症の人は、失敗を過度に恐れているため、少しのミスも許さないという完璧主義な面があります。

しかし、どんなに完璧に練習をしていても、本番で失敗する時はします。

それは、あがり症の人だけに限らず、多くの人に当てはまる事なので、適度な完璧主義は捨てた方が意外と成功したりするのです。

あがり症は、本人の意思とは関係なく、体が緊張してしまう事が多いので、体全体を使って表現するダンスでは失敗しやすく悩んでいる人は多いと思います。

しかし、今回ご紹介したように、あがり症の人でもダンスで失敗しないための方法はあります。

自分に合う対処法から取り入れてみて、徐々に改善出来ると良いですね。

あがり症でもバイトは出来る?働きやすいバイト先や克服方法をご紹介!

バイトを始めたいと思った時に、あがり症がネックになってしまうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

あがり症は、自分ではなかなかコントロールする事が難しいため、バイトをしたいと思っても諦めてしまう事もあるでしょう。

しかし、あがり症でも自分に合ったバイト先や克服方法を知っていれば、あがり症でない人と同じように働くことが出来ます。

そこで今回は、あがり症でもバイトは出来るのか?というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

これからバイトを探したいと思っているあがり症の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あがり症でもバイトは出来る?

それでは早速、あがり症でもバイトは出来るのか?という部分について解説していきたいと思います。

結論から言うと、あがり症でもバイトとして働くことは出来ます。

しかし、あがり症の人は人前で話したり、自分の意見をスムーズに伝えることが苦手なケースが多いので、出来れば接客などのお客様と対面するようなバイトではなく、裏方のバイトの方が良いでしょう。

あがり症の人が働きやすいバイトとは?

では次に、あがり症の人が働きやすいバイトの種類をご紹介していきましょう。

バイトと言っても、色々なタイプのバイト先があります。

ここでは、適度に人と関わるようなバイトから、完全に裏方としてのバイトを種類別にご紹介していきます。

適度に人と関わるようなバイト

まず1つ目は、適度に人と関わるようなバイトです。

これは、例えばラーメン屋やお弁当屋さんなどのキッチンでのバイトなどが当てはまります。

ホール担当になると、お客さんから注文を取ったりしなければならず、あがり症の人では荷が重いですよね。

しかし、キッチンならばお客さんと直接話す必要はないので、あがり症の人でも働きやすいバイト先として挙げられるでしょう。

突発的な電話対応などがないバイト

2つ目は、突発的な電話対応などがないバイトです。

これは、パソコンを使ったデータ入力などのバイトが当てはまります。

最近では、新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークのバイトの募集も活発になっており、以前に比べるとあがり症の人でも働きやすい仕事が見つけやすい状況になっています。

文字でのやり取りですので、突発的に話さなければならない事がないので、あがり症の人にはおすすめです。

裏方としてのバイト

そして3つ目は、裏方としてのバイトです。

これは、工場や倉庫などのピッキングなどのバイトが当てはまります。

完全に裏方の仕事になるので、人と積極的に話す必要はなく、黙々と作業を行うタイプの仕事が多いので、あがり症の人にはおすすめでしょう。

あがり症の人がバイトをする時の注意点

では次に、あがり症の人がバイトをする時の注意点について解説していきたいと思います。

基本的な挨拶は必ず自分からする

まず1つ目は、基本的な挨拶は必ず自分からするようにするという事です。

どんな仕事でもそうですが、挨拶は基本です。

これは、あがり症でなくても仕事をする上で大切なマナーなので、緊張していても挨拶だけはしっかりするように心がけておきましょう。

つらい時は早めにバイトを変える

2つ目は、つらい時は早めにバイトを変えるという事です。

あがり症は、表面的にはなかなか理解されないケースも多いため、つらくても自分を責めて我慢してしまう人も多いようです。

しかし、あがり症は数日で簡単に改善できるものではないので、どうしても合わないと思ったら早めにバイトを変える事も必要です。

あがり症を改善する方法はある?

それでは最後に、あがり症を改善する方法はあるのか?という事について解説していきたいと思います。

あがり症のせいで、バイトが出来ないと思っている人も多いと思いますが、あがり症はある程度改善する事が可能です。

思考の変換であがり症を改善

まず1つ目は、思考の変換であがり症を改善する方法です。

あがり症は、「絶対に克服しないと!」「自分から積極的に行動しないと!」と思えば思う程、どんどん苦しくなってしまいます。

その思考は、自分を追い詰めるだけでバイトで働きやすくする状態から遠ざかってしまうだけです。

そのため、まずは思考の面から「あがり症の特性をなくす」のではなく、「ゆっくり向き合う」という意識に変える事で、自分にプレッシャーをかけることなく向き合う事が出来るようになるはずです。

場数を踏む

そして2つ目は、場数を踏むという事です。

やはり、緊張をしなくなるためには、ある程度場数を踏む必要があります。

もしも、合わないと思ったら変更する事も可能なので、とりあえず数をこなしてみるという意識でいる事もあがり症を改善するためには必要な事なのです。

バイトは、人と接する職種が多いため、あがり症ではバイトは出来ないと思っている人も多いかもしれません。

しかし今回ご紹介したように、あがり症の人でも働きやすいバイト先はあります。

また、あがり症を改善するための方法もあるので、少しずつ改善しつつ自分に合ったバイト先を見つけられると良いですね。

======================
あがり症で悩んでいるあなたへ。
もう悩むのは、終わりにしませんか?
======================

膝はガクガク…。

喉はカラカラ…。

頭は真っ白…。

あがり症の苦しみは、
なかなか人に理解してもらえないので、
一人で抱え込んでいるかもしれません。

しかし、1日たった15分で、
あなたも人前で落ち着いて
わかりやすく話せるようになれる方法があります。

極度のあがり症を改善し、
スピーチの全国大会で準優勝!

そんな経験&実績のある心理カウンセラーが開発した
【あがり症改善プログラム】です。

このプログラムは、

☆あがり症改善に特に効果のある心理学&心理療法
☆スピーチ・プレゼンに必要な実践的スキル

という今までにはなかった
画期的な教材となっています。

開発者の心理カウンセラーが
極度のあがり症で悩み苦しんだ経験を持つので、
あなたの苦しみが誰よりもわかるとのこと。

既に多くの人々が実践し、
あがり症改善に成功しています。

あがり症を改善したい方は、
今すぐこちらをクリック!
↓↓

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

タイトルとURLをコピーしました