日の入りと日没の違いとは?使い方などもご紹介します!

日の入りや日没という言葉は、何気なく日常の中で使う事がありますよね。

しかし、この2つの言葉の明確な違いをはっきり分かるという人は少ないのではないでしょうか?

日の入りや日没という言葉を聞いて、同じ意味ではないの?と思う人も多いでしょう。

一般的に、同じような意味として使われる事の多いこの2つの言葉ですが、実はそれぞれに明確な違いがあるのです。

そこで今回は、日の入りと日没の違いとは?というテーマで、どのような場面で使われるのかという部分も併せてご紹介していきたいと思います。

使う場面に合わせて、使い分けられるようになると良いですよね。

日の入りとは?

それでは早速、日の入りとはどのような状態を指す言葉なのかを解説していきましょう。

日の入りとは、太陽が地平線の下に入り込む状態の事を指す言葉です。

太陽が、地平線から出てくる事を「日の出」と言いますよね?

この反対語が、日の入りという事です。

地平線に完全に入り込んでいない、今まさに入り込もうとする瞬間の事を指す言葉で、日の入りの時間は季節や地域によっても多少異なります。

日没とは?

では次に、日没とはどのような状態を指す言葉なのかを解説していきましょう。

日没とは、太陽が地平線上から消えた状態の事を指す言葉です。

日の入りが、今まさに地平線の下に入り込もうとしている瞬間なのに対し、日没は文字の通り太陽が完全に地平線の下に入り込み、視界から消えてしまった状態の事を指します。

太陽は地球が自転している事で、日没を迎えると地平線上から消えて、反対側へ移行しますよね。

この現象の事を日没と呼ぶのです。

日没の時間も、日の入りの時間と同じで、同じ地球上でも場所によって時間が異なります。

日の入りと日没の明確な違いはあるの?

では次に、日の入りと日没の明確な違いについて解説していきたいと思います。

さて、日の入りと日没それぞれの言葉が指す状態を解説しましたが、明確な意味の違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、意味自体に大きな違いはありません。

日の入りも日没も、どちらも太陽が地平線上から消える状態の事を指す言葉なので、意味は同じです。

しかし、日の入りは太陽が地平線下に入り込む様子、日没は太陽が地平線下に沈み込む様子をそれぞれ指しているので、意味は同じでも示している状態には、若干の違いがあるという事でしょう。

日の入りと日没の使い方

それでは最後に、日の入りと日没の使い方についてご紹介していきたいと思います。

今まで、何となく同じような意味合いで使っていた日の入りと日没の明確な違いが分かったのですから、使い方もしっかり分けて知っておきたいですよね。

日の入り

まずは、日の入りの使い方です。

・「今日の日の入りは、ネットで調べるとすぐに分かるよ。」

・「日の入りまでには帰って来なさい。」

日没

次は、日没の使い方です。

・「もうすぐ日没ですね。」

・「日没が早くなりましたね。」

まとめ

さて今回は、日の入りと日没の違いとは?というテーマで、場面による使い方の違いも併せて解説してみました。

日の入りと日没という言葉を知っている人は多いですが、明確な違いは知らなかったという人も多いでしょう。

太陽が沈む状態を指す言葉という意味では、日の入りも日没も同じ状態を指す言葉ではありますが、今まさに沈もうとしている状態なのか、完全に太陽が地平線下に消えているのかによって、日の入りと日没を使い分けるという事が分かりましたね。

今度、日の入りと日没を使うような場面があったら、ぜひ今回ご紹介した例文を活用してみてくださいね

タイトルとURLをコピーしました