おすすめ記事

訪問くださってありがとうございます

この記事では「WALL・E(ウォーリー)」の見どころ・おすすめシーンについて解説します。

WALL・E(ウォーリー):あらすじ

2008年に公開されたPIXARとディズニーの作品です。

舞台は29世紀の地球。

そこには700年間、たった一人でゴミを処理するロボットがいました。

それが、ウォーリーです。

ウォーリーは、ゴミを回収しながらも、自分のお気に入りは、とっておいて宝物として集めていました。

自分の家がわりにしているトラックにたくさんの宝物が集められ、ビデオテープも見れるようになっていました。

そのビデオで人間が手を繋ぐシーンにウォーリーは憧れを抱いていたのでした。

ある日、ウォーリーの前に、真っ白に輝くロボット、イヴが現れます。

彼女の気を引くために次々と自分の宝物を見せるウォーリーは、ブーツに入れた植物を見せた瞬間、イヴはそれを体内に取り込み動かなくなってしまいます。

数日後、宇宙船が迎えにきて、回収されてしまいます。

イヴの後をついていくため、ウォーリーは未知の宇宙の旅へと出発するのです。

WALL・E(ウォーリー):感想

とっても愛らしくて、可愛い映画です!

ロボットなのに、恋しちゃうなんて本当に素敵なストーリーでした!

一番初めの宇宙の映像がものすごく綺麗なのに、地球に近寄っていったら、岩みたいなのがたくさん立っていて、え?なにこれ?って思うと、ウォーリーが一生懸命ゴミを固めて積み重ねていて、岩みたいなものが、ゴミの山だったということに気づいた時の落差で一気に映画に引き込まれました。

そして、ロボット同士の物語なので、前半はほとんど言葉がないのにも衝撃でした。

それなのに、ものすごく感情が伝わってきます。

後半、人間も出てきますが、一番人間らしいのはウォーリーだなぁと感じました。

PIXAR好きにはたまらない、小ネタがウォーリーにもたっぷりあります。

充電完了の音がMacの起動する時の音だったり、ピザプラネットの車がゴミで出てきたり、はっ!となるポイントがたくさんあるので、そこも楽しかったです。

観た後のほっこり感がとても心地いいです。

エンドロールもまた最後まできちんとみると、楽しみが待っていますので、最後まで楽しんでもらいたい作品です。

ディズニープラスをチェック!

★月額税込990円ですべての作品が見放題!

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
  • 新ブランド『スター』

★6つのブランドが集結!

  • オリジナルの韓ドラも続々!
  • 独占海外ドラマ多数!

★子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力!

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたしますm(__)m