おすすめ記事

訪問くださってありがとうございます

この記事では「塔の上のラプンツェル」の見どころ・おすすめシーンについて解説します。

塔の上のラプンツェル:作品情報

公開年

2010年

監督

  • ネイサン・グレノ
  • バイロン・ハワード

キャスト

  • マンディ・ムーア
  • ザッカリー・レヴィ
  • ドナ・マーフィ
  • ロン・パールマン
  • M.C. ゲイニー
  • ジェフリー・タンバー

塔の上のラプンツェル:あらすじ

人目を避けるように、森の奥深くにたたずむ高い塔の上に、女の子が住んでいました。

金色に輝く、魔法の髪を持つ女の子、ラプンツェルがこのお話の主人公です。

18年間一度も塔の外に出たことがないラプンツェルは、毎年自分の誕生日になると、夜空にたくさんの灯りが舞う事を特別な思いを抱いていました。

今年こそは、灯りを近くで、自分の目で確かめに行きたい。

本当の意味は何なのかを知りたいと願っていました。

そんな中、突然塔に泥棒が忍び込んだのです。大泥棒のフリンを相手に、ラプンツェルは立ち向かい、そして、ついにフリンと共に新しい世界への一歩を踏み出します。

初めての外の世界での自由、ワクワク、人との触れ合い、冒険、恋、そして、ラプンツェル自身の秘められた真実が解き明かされます。ラプンツェルはどうして塔に18年もいて外に出てはいけなかったのか。最後まで目が離せない感動の物語です。

塔の上のラプンツェル:感想

大人から子供まで愛されているラプンツェル。この映画大好き!という方も多いのではないでしょうか。

ディズニーの新しい形のプリンセスとしても大人気です。音楽もとても良くて、ラプンツェルが歌う曲が、毎日同じことの繰り返しなのに、何ともそれを明るく歌い上げていて、18年も同じ毎日を繰り返しているのに、暗くならないところが、ラプンツェルの良さだなぁと思えて、映画に引き込まれていきます。

フリンもイケメンで、プリンスって感じではないのですが、ディズニーの女性スタッフがイケメンになるように何度も試行錯誤してできたキャラクターのようで、ワイルドで汚いところもあるのに、何でかイケメンで素敵で惹かれる理由がそこになるのだと、納得しました。

ラプンツェルが初めて地面を裸足で降りるシーンは、コミカルな動きなので、子供たちも大好きなシーンだと思いますが、大人には、あ〜なんかこの気持ちわかるなぁ〜と妙に納得できるシーンなので注目です。

映像もとにかく綺麗で、ランタンのシーンは映画の1番の見どころだと思います。見たことがないなら今すぐ見てほしい!とおすすめしたくなるそんな映画です。

ディズニープラスをチェック!

★月額税込990円ですべての作品が見放題!

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
  • 新ブランド『スター』

★6つのブランドが集結!

  • オリジナルの韓ドラも続々!
  • 独占海外ドラマ多数!

★子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力!

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたしますm(__)m