ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ【あらすじ、伏線、感想、考察】ディズニープラス

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ【あらすじ、伏線、感想、考察】ディズニープラス

この記事では、月額990円(税込)のディズニープラス見放題に含まれるザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダの見どころ・おすすめシーンについて解説します。

目次

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ:作品情報

今年のクリスマス、ホーマーはマージのために、イタリアが誇るオペラ界のスーパースター、アンドレア・ボチェッリと、その子供たちマッテオとヴァージニアによる夢のようなサプライズを用意する。

公開年2022年 3分
ジャンルコメディ、アニメーション、音楽
年齢制限12歳以上
監督David Silverman
ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ作品情報
5.0
Rated 5 out of 5
5つ星中5つ星です!(2人のお客様のデータ)
レビューを見る・レビューを書く

短くてもいい

Rated 5 out of 5
2022年12月31日

笑いの要素がぎゅっと詰まっている

たかし

楽しかった

Rated 5 out of 5
2022年12月31日

楽しかった。

Anonymous

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ:見どころ①

アンドレア・ボチェッリという、盲目でイタリアのテノール歌手が登場します。

初めは、え?だれ?と思うのですが、歌を聞けば、あ〜!聞いたことある〜!という方も多いと思います。

そんなアンドレアが、シンプソンズの家のクリスマスプレゼントに紛れ込んでいて、歌うのですが、その時のセリフが見どころです。

ディズニープラスだから、全員タダ働きだ。あのネズミはがめつい。とさサラッと歌う前のディズニーをディスるシーンが見どころです。

日本語吹き替え版がなく、字幕のみなので、そのシーンは、大人がふふっと笑えるシーンです。一瞬で終わるシーンなので、お見逃しなく。

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ:見どころ②

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダは、ディズニープラスで視聴できます!日本語字幕に対応しています。

歌よりもプレゼントを開けたいバートは、お母さんのマージに歌を楽しみなさいと注意され、両手を持たれて身動きが取れない状態なのですが、アンドレア・ボチェッリが歌う、歌のワンフレーズで、急に歌い出すシーンが見どころです。

わかる〜!言いたくなるそこ!と思わず言ってしまいそうになるシーンです。

いいところで入ってくるのでバート邪魔だな〜とも思うのですが、さらにそこで、お父さんのホーマーが、クリスマスの歌がいい〜と駄々をこねてくるので、うるさい家族だなぁ〜と思いながらニヤニヤしてしまうところも見どころの一つです。

たった2分程度のアニメなのですが、笑いの要素がぎゅっと詰まっているので、ちょっと疲れて休憩がてらサラッと見るアニメとしてオススメです。

ザ・シンプソンズとボチェッリズのフェリス・ナヴィダ:印象に残ったシーン

アンドレア家が歌うフェリス・ナヴィダがおしゃれで印象に残りました。

急におしゃれな歌で、いい雰囲気のクリスマスになったのに、その歌中に流れる謎の近所の人のクリスマスの様子がチープなところもシンプソンズらしくていちいち面白いです。

最後に出てくるミッキーもアンドレア・ボチェッリのいう、がめついミッキーが出てきて、軽いディズニーディスりがあるので、そこも注目です。

エンディングには、ピノキオや、グーフィー、ヒューイ・ドューイ・ルーイがちゃっかり出てきます。ETのオマージュも入っているので注目です。

ディズニープラス

\月額税込990円ですべての作品が見放題/
ディズニーピクサーマーベルスターウォーズナショナル ジオグラフィック新ブランド「スター」

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたします。

ディズニープラスをチェック!

ディズニープラスをチェック!

Disney+(ディズニープラス)は、アメリカ合衆国の企業であるウォルト・ディズニー・カンパニーが提供するストリーミングサービスです。Disney+では、ウォルト・ディズニー・カンパニーが所有する映画やテレビ番組、アニメ、アニメーション作品などが視聴できます。Disney+は2019年11月に米国でサービスを開始し、その後、世界各国で展開されています。

Disney+では、スター・ウォーズやマーベルの作品、Disney Channelのオリジナル番組、Pixarのアニメーション作品、ナショナル ジオグラフィックのドキュメンタリー番組など、幅広いコンテンツを提供しています。

また、Disney+では、オリジナル番組や映画も制作されており、これらはDisney+でしか視聴できないコンテンツとして提供されています。

Disney+は、Webブラウザを通じてのストリーミングに加え、スマートフォン、ゲーム機、モバイルデバイス、タブレット、ストリーミングデバイスなどでも視聴することができます。また、Disney+は、複数のデバイスで同時に視聴することができるため家族での視聴も楽しめます。

子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力です!

ディズニープラス

\月額税込990円ですべての作品が見放題/
ディズニーピクサーマーベルスターウォーズナショナル ジオグラフィック新ブランド「スター」

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたします。

ディズニープラスの新チャンネル「スター」も見放題

ディズニープラスの新チャンネル「スター」も見放題

スターは、ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABC Signature と20thテレビジョン)、FXプロダクション、20世紀スタジオ等ディズニーが誇るトップスタジオが制作したドラマや映画を配信。

ここでしか見られない日本やアジアをはじめとした世界中のスタジオが制作するオリジナル等、大人のあらゆる感情を刺激する作品が楽しめます。

ディズニープラス

\月額税込990円ですべての作品が見放題/
ディズニーピクサーマーベルスターウォーズナショナル ジオグラフィック新ブランド「スター」

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたします。

ディズニー映画の魅力とは?

ディズニー映画は、多くの作品が大ヒットを記録している事からも分かる通り、長年多くの人に愛されている作品が多いですよね。

ディズニー映画が大好きという人は、その作品の魅力を語る事ができるほどハマってしまう事も少なくありません。

しかし、あまりディズニー映画を観たことがない人にとっては、どのような魅力があるのか具体的に分からないでしょう。

そこで今回は、あまり今までディズニー映画を観たことがない人にも伝わるように、ディズニー映画の魅力について詳しく解説していきたいと思います。

きっと、今まで知らなかったディズニー映画の魅力が分かると思いますよ。

必ずハッピーエンドになる

まず1つ目は、必ずハッピーエンドになるという事です。

ディズニー映画では、ストーリー中にどんな困難が押し寄せてきても、最終的にはハッピーエンドになるという事が分かっているので、安心して観る事が出来るのです。

小さなお子様から大人まで、すんなりと内容が入っていくように、ストーリーがパターン化されており、「起承転結」がはっきりするように作られています。

ディズニー映画の定番パターンでもあり、いつ観ても安心感があるという事が魅力として挙げられます。

魅力的な歌と踊り

2つ目は、魅力的な歌と踊りです。

ディズニー映画では、ストーリー中に必ず歌や踊りの場面が登場します。

台詞ばかりの内容ですと、お子様は理解が難しい事がありますよね。

しかし、所々で楽しそうな歌や踊りが繰り広げられると、台詞が理解できていなくても楽しく観る事が出来ます。

特に、プリンセスが登場する「白雪姫」や「アナと雪の女王」などでは、歌や踊りのシーンが多いのが特徴です。

映画を観終わった後でも、真似して歌ってみたり踊る事が出来るという事も、魅力の1つでしょう。

悪い事をするとしっぺ返しに合う

3つ目は、悪い事をするとしっぺ返しに合うという事です。

ディズニー映画では、全ての作品で「悪い事をすると、最後にはしっぺ返しに合う」という教訓を得られるように作られています。

自分勝手な行動をした事によって、まわりのみんなから責められてしまったり、窮地に陥ってしまうという展開は定番とも言えるでしょう。

この設定は、悪者だけに限らず主人公にも言える事です。

最終的にハッピーエンドになりますが、主人公やキャラクター達が失敗から非常に大切な教訓を得られるようになっているのです。

感情移入しやすい

4つ目は、感情移入しやすいという事です。

ディズニー映画に登場するキャラクターは、どれも表情豊かで感情が分かりやすいという特徴があります。

喜怒哀楽がはっきり表現されているので、観ている側も感情移入しやすい構成になっているのです。

時には、私たちも日常的に感じるような人間臭い感情と向き合いながら、感情の変化と共に成長していく過程を楽しむことが出来るのです。

安心・安全な映像

5つ目は、安心・安全な映像という事です。

ディズニー映画で映し出される映像は、小さなお子様が観ても大丈夫なように作られています。

例えば、暴力的なシーンや、人の事を度を超えて傷つけるようなシーンはありません。

このような部分も、ディズニー映画の魅力と言えますね。

家族で楽しめる

そして6つ目は、家族で楽しめるという事です。

ディズニー映画は、台詞以外にも歌や踊りなど映像全体から内容を理解できるように作られています。

大人が観た時には、そのストーリーに隠されている深い部分から得るものがありますし、小さなお子様が観た時には、キャラクター達が勇気と希望を持ちながら立ち向かう姿を、楽しい音楽や歌・踊りで得ることが出来ます。

このように、ディズニー映画は年齢問わず楽しむことが出来るようになっているので、家族で一緒に観る事が出来るという魅力があるのです。

ディズニー映画の実写版の魅力は?

それでは次に、ディズニー映画の実写版の魅力について見ていきましょう。

近年、ディズニー映画を実写化する事が増えてきていますよね。

キャラクター本来の魅力が、実写化する事で失われてしまうのではないかと考えている人も多いと思います。

実写版でディズニー映画の世界観を最大限に表現するための、一番の魅力として挙げられるのが主人公や登場するキャラクターのコスチュームです。

映画の世界観がそのまま飛び出したかのような完成度と言われている「美女と野獣」や「シンデレラ」など、女の子が憧れるプリンセスらしい美しいドレスは、映画を華やかにさせる一つのポイントとなっています。

このように、映画の世界に登場する細かい部分や、キャラクターのコスチュームにこだわる事で、ディズニー映画の魅力を最大限に実写版では表現しているのです。

ディズニー映画の作品ごとの魅力

それでは最後に、ディズニー映画の作品ごとの魅力についてご紹介していきたいと思います。

ここでは、特に人気の高い作品を中心にご紹介していきます。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェルは、自分の気持ち次第で退屈な毎日を幸せな日々に変える事が出来るというメッセージが込められています。

美しい色彩や、長編アニメーション第50作目にふさわしい感動が最大の魅力です。

好奇心旺盛なラプンツェルが、自分の力で幸せな毎日を手に入れていくストーリーは、とても魅力的です。

アラジン

2つ目は、アラジンです。

アラジンの最大の魅力は、美しいミュージカルナンバーにのせて繰り広げられていくストーリーです。

心優しい王女ジャスミンが、アラジンと出会い力を合わせて魔法使いジャファーに立ち向かう勇気が出る作品です。

リトル・マーメイド

3つ目は、リトル・マーメイドです。

アカデミー賞2部門に輝き、愛され続けているディズニー映画であるリトル・マーメイド。

リトル・マーメイドも、美しい青い海を舞台に壮大なミュージカルで贈られる魅力的なファンタジー映画です。

「自分の生き方とは」というテーマのもと、アリエルと王子の交流を通して本当の自分を知るメッセージが込められています。

ディズニー映画の魅力まとめ

さて今回は、ディズニー映画の魅力というテーマで、詳しく解説してみました。

年齢問わず、長年愛され続けているディズニー映画には、やはり多くの魅力が隠されているという事が分かりましたね。作品によって伝えたいメッセージが異なり、歌や踊りによって様々な角度から私たちに届けられているのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次