【ナイトメア・アリー】獣人ギーク「これは本当の俺じゃない」

2022年5月11日にディズニープラスで配信が始まった、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作「ナイトメア・アリー」

1946年に出版された「ナイトメア・アリー 悪夢小路」を片策にショービズの闇を描いた作品です。

ディズニープラスナイトメアアリー

ナイトメア・アリー~ギーク

この映画の中で「ギーク」というのが登場します。

画の冒頭、主人公のスタンが実家を燃やし、いくあてもなく街に出て、見世物小屋に辿り着き、そこでみた鷄を行きたたまかぶりついている男をみる「獣人ショー」が行われていて、その、獣人のことを「ギーク」と呼んでいます。

この映画の中では、最初と最後にこの存在が重要になってきて、物語の中心と言ってもいい存在だと思います。

ショーを見たあと、スタンが誤って見世物小屋の裏側に入ってしまい、スタンは、見世物小屋の主人クレムと付き合うことになり、ナイトメア・アリーいわゆる悪夢小路に進んでしまいます。

クレムと一緒に次の公演先まで移動し、食事をしていたところで「ギーク」が逃げ出してしまい、クレムと探しに行くと、お化け屋敷に隠れていた「ギーク」を発見し、ギークから「これは本当の俺じゃない」と言われ、反抗されます。

反抗された時にスタンは「ギーク」の頭を殴り怪我をさせ、後に死なせてしまうのです。

クレムにスタンは「ギーク」はどこから連れてくるのか尋ねると、「ナイトメア・アリーに迷い込んだ奴に、酒を飲ませてそのままギークとして働かせる」とクレムから教えてもらうのです。

そこから、スタンは読心術を学び、お金を稼ぐも次はリリス・リッター博士との出会いで、スタンはずるずるとナイトメア・アリーへと進んでしまうのです。

冒頭から、内容がヘビーでずっと暗い映画ではあるのですが、ラストはなんとも、言葉が出ないラストで、自分はそうなりたくないと強く思う内容でした。

見世物として商売道具にされる「ギーク」の複雑な人生に、悪いことを繰り返してるとそうなっちゃうよなぁ…とも思う考えさせられる作品です。そんな「ナイトメア・アリー」の一つのキーポイントが「ギーク」です。

ナイトメア・アリー【ディズニープラス】サブスク配信、あらすじ感想ネタバレなし!
\ディズニープラス/ ディズニープラス公式>> ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」をもとに、「シャイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督がサスペンス映画化。 2022年の3月25日に公開...

■みんなの評判は?

【まとめ】

「ナイトメア・アリー」の見どころやおすすめシーンについて解説しました。

へ~…? そんな見どころあるんだ~?

1度見てみたいなぁ…

というあなたへ…!

で見れますよ!

タイトルとURLをコピーしました