香水のつけ方で服のどこにつけたら良い?コツや注意点などもご紹介!

みなさんは、香水をつける時にどこにつけていますか?

きっと、手首や首など肌に直接つけるという人が多いかもしれませんね。

しかし、実は香水を服につけて楽しむ方法もあるのです。

そこで今回は、香水のつけ方で服のどこにつけたらいいのか?というテーマで、コツや注意点も併せてご紹介したいと思います。

さりげなく香水を楽しみたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

香水のつけ方とは?

それではまず、そもそも香水のつけ方には、どのようなものがあるのかをご紹介していきましょう。

スプレータイプの香水

スプレータイプタイプの香水の場合は、つけたい場所から10~20cm程度離した状態で1プッシュだけ吹きかけるようにします。

その際、広範囲にバランスよくかかるようにすると良いでしょう。

髪にも香りをつけたい場合は、空中で香水を1プッシュして、その下をくぐるようにすると、ほのかに香ります。

香水瓶タイプの香水

香水瓶タイプの香水の場合は、香水瓶を斜めにした状態で瓶の底を叩いて1滴ずつ香水を出します。

この方法で、香水をつけたい場所に垂らして香りをつけます。

香水のつけ方で服につける場合のコツ

では次に、香水のつけ方で服につけたい時のコツをご紹介したいと思います。

服の裏地に香水をつける

1つ目は、服の裏地に香水をつけるという方法です。

香水を服につける際、服の素材によってはシミになってしまう事があります。

そのため、服に香水をつける場合は出来れば裏地のある服がおすすめです。

裏地に香水をつけると、服が動いた時にほのかに香らせる事ができ、様々なシーンで使う事が出来ます。

下着につけてほのかに香りを楽しむ

2つ目は、下着につけてほのかに香りを楽しむという方法です。

香水は、体温によって温められると香りが際立つものが多いですよね。

そのため、地肌に近い下着に香水をつけることで、全体的に香水の香りを楽しむことが出来るのです。

香水のつけ方で服につける時の注意点

それでは最後に、香水のつけ方で服につける時の注意点を解説していきたいと思います。

服の素材を確認する

まず1つ目の注意点は、服の素材を確認するという事です。

先ほども触れましたが、服の素材によっては香水をつける事でシミになってしまうものがあります。

そのため、服に香水をつける時は、服の素材を確認する事が大切です。

NGな素材としては、シルクや毛皮などの服は避けるようにしましょう。

また、セーターなど何度も洗濯すると傷んでしまうような素材も、避ける事をおすすめします。

脇よりも下に香水をつけるようにする

2つ目の注意点は、脇よりも下に香水をつけるようにするという事です。

香水の香りは、下から上へ広がるという特徴があります。

そのため、脇よりも下に香水をつける事で、全体的に香りをまとう事が出来るのです。

まとめ

さて今回は、香水のつけ方で服のどこにつけたらいい?というテーマで、コツや注意点も併せて解説してみました。

香水は、ただやみくもにつければ良いというわけではなく、特徴を把握した上でほのかに香りを楽しむものです。

特に、今回のテーマである服につける場合は、素材との相性も確認する必要があります。

香水初心者さんには、つけ方が分からないという人も多いと思いますが、ぜひ今回ご紹介したコツを参考にしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました