おすすめ記事

2006年に上映された、メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演の映画です。

訪問くださってありがとうございます

この記事では「プラダを着た悪魔」の見どころ・おすすめシーンについて解説します。

プラダを着た悪魔:作品情報

公開年

2006年

監督

デヴィッド・フランケル

キャスト

  • メリル・ストリープ
  • アン・ハサウェイ
  • エミリー・ブラント
  • スタンリー・トゥッチ
  • サイモン・ベイカー
  • エイドリアン・グレニアー

プラダを着た悪魔:あらすじ

ジャーナリストを目指してニューヨークにやってきたアンディが物語の主人公です。

ニューヨークのあちらこちらの出版社へ履歴書を送ったところ、とある人事部から連絡が来ました。

それはファッション雑誌だったのです。

彼女はオシャレや、ファッションには興味がなかったのですが、面接を受けにいくのでした。

仕事は、世界中の憧れ雑誌「ランウェイ」の編集長ミランダのアシスタントだったのです。

アンディは雑誌「ランウェイ」も読んだこともなく、編集長の名前も知りませんでした。

ミランダがオフィスに来ると、アンディの野暮ったい格好をみて一度は興味を失いますが、「自分は見た目はよくないけど、頭は切れるし、物覚えもいい」と反論する彼女をみて、過去のアシスタントとは違うと判断し、アンディを雇うことに決めたのでした。

しかし、ミランダのアシスタントは、何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだったのです。ハイレベルな要求と、毎日鳴り続ける携帯…世界中の女性の憧れである「ランウェイ」の悪魔のような編集長にアンディは…ゴージャスでユーモラスなサクセスストーリです。

「プラダを着た悪魔」印象に残ったセリフ・シーン・感想

この映画好き!という女性は多いのではないでしょうか。

女性が働くことが当たり前になった世の中で、この映画で勇気づけられている女性も多いはずです。

全力で仕事も恋にも向き合ってるアンディがとてもかっこよくて、こんな女性憧れる〜と思いましたし、自分も頑張ろう!と思わせてくれた映画です。

悪魔のような上司…実際にその下で働くのは大変そうでしたけども、仕事に向かう姿勢とか、求められたことの上をやっておいてギャフンと言わせる快感を見て、新卒で会社に入って理不尽なことばかりやらされて、嫌!ってなっている人にオススメしたいなと思いました。

その世界で働くと決めたら、そこに入り込む努力をする姿勢も仕事をする上で大切なのかなぁと思いました。

また、ミランダ、アンディどちらも家族や、恋人を犠牲にしてまで仕事をしなければならない環境、そしてそれを表に出せない仕事場の辛さも描かれていて、プロってこういうことだよなぁと勉強になりました。新年度、お仕事がんばるぞ!と意気込むためにみたい映画です。

プラダを着た悪魔:みんなの評判は?

ディズニープラスをチェック!

★月額税込990円ですべての作品が見放題!

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
  • 新ブランド『スター』

★6つのブランドが集結!

  • オリジナルの韓ドラも続々!
  • 独占海外ドラマ多数!

★子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力!

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたしますm(__)m