おすすめ記事

訪問くださってありがとうございます

この記事では「テセウスの船」の見どころ・おすすめシーンについて解説します。

テセウスの船:見どころ①

主人公の田村心は、父親が殺人容疑でつかまり31年間ひっそりと目立たず生きて来ていました。

その妻の由紀は心の父親の無実を信じて当時の事を細かく調べてスクラップを作っていました。

その強い気持ちが心の心を動かして行くのが最初の見どころです。

その事件の現場となった村を訪れた心は、不思議な霧と共に事件当時の時代にタイムスリップしてしまい、さっそく若い父親らとも出会って行くという早い展開にひきつけられて行きました。

その手には妻の残した当時のスクラップされた情報を手掛かりに、この世界の事故や事件を自分が阻止していくと、きっと未来も変わるのではないかと考えて進んで行きます。

しかし、それでも変わらない事もあり、心が変えようとしても別の何かがうごめいているようなミステリー感がたまりません。

でも最初に一番怪しく感じるのは父の佐野文吾で、その雰囲気は鋭い目つきで何かを企んでいる感じがプンプンしているので、こちらは冤罪ではなかったのでは?と悩んでしまいます。

過去の警察官をしている時代の文吾の様子に対して、現代での心の妻の純粋に義父の冤罪を信じる気持ちとは正反対の感じにとても違和感を持ってしまい、まだまだ謎の多い事件だと伝わって来て、これからの心の推理はどう進んで行くのかとても興味深い始まりでした。

テセウスの船:見どころ②心の父、文吾とは

1話の殆どが何か思い詰めたような硬い表情の文吾に、ちょっと戸惑ってしまいます。

そして何やらやばい感じの文章を一人入力しているのも不気味です。

でもこれにはちゃんと訳があったみたいですが・・。

話が進んで行く中でついに最後の方でやっと文吾の笑顔が見られた辺りから、ガラリと彼に対する印象が変わって行くのが面白いです。

当然、心の中にも別の気持ちが滲み出てくるところが見どころです。親子の強い絆を感じさせてくれ、ちょっと感動してしまいます。

テセウスの船:おすすめシーン:心の母・和子

文吾の張り詰めたような雰囲気に対して、文吾の妻の和子がいつもあっけらかんとして明るい性格なのがほっとさせてくれました。

人懐っこい性格からなのか、心に何か絆を感じているのか、困っている心を家に泊まらせたりと手助けしていくのが微笑ましかったです。

そんな彼女が将来、殺人者の家族と言われ暗い顔で暮らしている日々を思うと、心がこの過去の時代でなんとか真犯人を見つけ出して、未来を変えてくれないかなぁと切に願ってしまいます。

まだまだ始まったばかりで真犯人がいるのかいないのか、これからいったい心はどうやって事件の本質に迫って行くのか、犯人は誰なのかと疑問がいっぱいで展開がすごく楽しみです。

ディズニープラスをチェック!

★月額税込990円ですべての作品が見放題!

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
  • 新ブランド『スター』

★6つのブランドが集結!

  • オリジナルの韓ドラも続々!
  • 独占海外ドラマ多数!

★子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力!

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたしますm(__)m

テセウスの船:あらすじ作品概要

 週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた、東元俊哉による同名漫画をドラマ化。主⼈公の⽥村⼼を演じるのは、TBS連続ドラマで初主演となる⽵内涼真。⽵内が演じる⼼は、家族の運命を変えた警察官の⽗親が起こした殺⼈事件の謎を追う⻘年。⼼と⺟親は⽗親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、⾝を隠すように⽣きてきた。ある⽇、⼼は最愛の妻から「お⽗さんを信じてみて」と⾔われ、拘置所にいる⽗に会おうと決意。しかし、昔の事件現場に向かうと突然、霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう。⼼がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の平成元年、事件現場となる雪深い村だった。その村で⼼が⽬にしたのは、⾃分の家族の温かく笑顔あふれる姿。⼼は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、⽗の事件を阻⽌して「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。令和から平成へ、時代を超えて繋がる家族の絆が⽣み出す奇跡の物語。共演には、榮倉奈々、安藤政信、上野樹⾥、鈴⽊亮平と実⼒派俳優がそろう。  引用元:ディズニープラス