トレバー: ザ・ミュージカル【ディズニープラス】サブスク配信、あらすじ感想ネタバレなし!

2022年6月24日にディズニープラスで配信がスタートした「トレバー: ザ・ミュージカル」は、13歳のトレヴァー・ネイソンが主人公で、小さな舞台でのミュージカルを作品としたものです。

ディズニープラストレバー: ザ・ミュージカル

トレバー: ザ・ミュージカルは6/24現在ディズニープラスで見放題で見れます

「トレバー: ザ・ミュージカル」のあらすじ

舞台は1981年のアメリカで、トレヴァーは、ショー・ビジネスの世界に入ることを夢見ながら田舎の街で思春期を送っています。

学校での恥ずかしい出来事をきっかけに突然注目されることになったドレヴァーは、勇気を振り絞り自分の道を切り開いていかなくてはならない状況に。

アカデミー賞短編部門を受賞した作品が原作の、自分を見つけ、周りに受け入れられる姿を描く、楽しくて感動的なストーリーです。

■「トレバー: ザ・ミュージカル」印象に残ったセリフ・シーン・感想

この作品は、2022年1月にニューヨーク市のステージ42で撮影され、刺激的でユニークなミュージカルを世界中の視聴者に届ける作品です。

ミュージカル映画なのかな?と思って見始めたのですが、ミュージカルそのものでした!舞台でミュージカルをしているのをそのまま撮影されているので、ノーカットで撮影されています。

トレヴァーのまだ声変わりしていないような透明感があって声量のある綺麗な声がとっても素敵です。見始めから一気に引き込まれます。トレヴァーのキャラクターも最高で、可愛い。

ダイアナ・ロスが大好きという設定で、所々、ダイアナ・ロスの楽曲がミックスされているのが、カッコいいですし、舞台の盛り上がりポイントとなっていて、ダイアナ・ロスを聴きたくなりますよ。

キャシーが冴えない子だったのに、トレヴァーを思って、自分の思っているところをはっきりと歌うシーンが、迫力があって、注目ポイントです。

最初は笑いがづずいて、面白い!と引き込まれて、後半は、深いい!続きです。LGBTが無理やり漕ぎ着けられているような感覚はありましたが、とってもわかりやすいストーリなので、小学生くらいからでも楽しめそうな作品だと思いました。

ラストのカーテンコールのシーンも最高なので、ぜひ、最後まで見て欲しい作品です。

■みんなの評判は?

【まとめ】

「トレバー: ザ・ミュージカル」の見どころやおすすめシーンについて解説しました。

へ~…? そんな見どころあるんだ~?

1度見てみたいなぁ…

というあなたへ…!

で見れますよ!

今すぐ視聴できる!ディズニープラス

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

 

 

解約の手順は、次の記事で解説しています。

→ ディズニープラスの解約手順

タイトルとURLをコピーしました