おすすめ記事

訪問くださってありがとうございます

この記事では「ラーヤと龍の王国」の見どころ・おすすめシーンについて解説します。

ラーヤと龍の王国:あらすじ

2021年に上映されたディズニー映画です。

幼い頃に、裏切りによる父の死を経験したラーヤは、他人を信じることをやめて、相棒のトゥクトゥクと生きてきました。

ラーヤの住む龍の王国クマンドラは、かつては聖なる龍たちに守られていました。

龍と人とが共存する平和な王国でしたが、突如あわられた邪悪な魔物ドルーンとの戦いによって全ての龍が犠牲になってしまい、姿を消してしまったのでした。

龍を頼りにしていた人々は、信じ合う心を失い、ドルーンから命を守るために、龍の石の破片を所持するために、王国は分断されたのでした。

聖なる龍の力が宿る、龍の石の守護者一族の娘であるラーヤは、伝説の龍の力を蘇らせて、バラバラの世界を一つにするため、王国の最後の希望として、一人と相棒のトゥクトゥクと旅をするのでした。

龍の王国を舞台に繰り広げられる、少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なファンタジー・アドベンチャーです。

ラーヤと龍の王国:感想

龍の石のパワーがないと、生きられない世界という恐ろしい世界観だったのですが、分断された5つの国をラーヤは一人で潜りながらも、簡単には人を信じられなかったのに、仲間を増やして、RPGのように進んでいくストーリーがとても面白く印象強い映画でした。

絵のタッチから勝手に大人向けなのかなぁと思っていましたが、そんなこともなく、龍のシスーもお茶目でチャーミングなキャラクターなので、子供も一緒に楽しめる映画だと思います。

それぞれ特徴を持つ5つの国を攻略していくのが面白いので、見どころの一つです。簡単に人を信じれば、裏切られる、裏切られれば、憎しみから、自分の国の人を守ろうと争いになるという、リアルな心の葛藤みたいなのが描かれているので、共感でき感動します。

アドベンチャーでありながら、信じることは勇気のいることであるということが描かれていて、ディズニーらしい、信じる心と魔法の力、平和が融合した新しいヒロインの勇気ある旅の物語です。

ディズニープラスをチェック!

★月額税込990円ですべての作品が見放題!

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
  • 新ブランド『スター』

★6つのブランドが集結!

  • オリジナルの韓ドラも続々!
  • 独占海外ドラマ多数!

★子供と一緒に見れる作品が多いのも魅力!

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

※配信状況は変わることがありますので、最新の配信状況はディズニープラスHPで必ず最終確認をお願いいたしますm(__)m