ディズニー映画は何歳から観られる?映画館で観られる年齢も解説します!

子供に大人気のディズニー映画ですが、大人でも楽しめるとあって小さなお子様には内容を理解するのに難しいのでは?と感じる人も多いのではないでしょうか?

特に、ディズニー映画を映画館で子供と一緒に観たいけれど、最後まで観ていられるか不安と思う親御さんは多いでしょう。

そこで今回は、ディズニー映画は何歳から観られるのか、そして映画館で最後まで観られる年齢についても詳しく見ていきたいと思います。

小さなお子様がいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ディズニープラス公式>>

ディズニープラスとは?解約方法や観られる作品&メリットもご紹介します!
世界中で人気の高い、どの世代にもファンがいるディズニーの作品が配信されている、「ディズニープラス」というサービスをご存知でしょうか? ディズニープラスは定額制の動画配信サービスで、ディズニーの話題作が見放題という魅力的なサービスです。...

 

ディズニー映画は何歳から観られる?

ディズニー映画は何歳から観られる?

それでは早速、ディズニー映画は何歳から観られるのかという部分から解説していきましょう。

最初に結論から言うと、お子様によって個人差がありますが、多くの場合は3歳~4歳前後から最後まで観られるようになるお子様が多いでしょう。

ディズニー映画は、だいたい1時間半~2時間前後の作品が多いですよね。

2歳前後のお子様に人気のある、「アンパンマン」や「しまじろう」などのアニメーションは、多くが1時間前後となっています。

「アンパンマン」や「しまじろう」を観ているお子様を見ると、飽きるどころか何回も観たがるケースが多いですよね。

この事から分かるのは、2歳前後のお子様にとって最適な時間は、約1時間程度という事なのです。

この事を踏まえて考えると、1時間半~2時間程度あるディズニー映画を、最後まで楽しむことが出来るのは、だいたい3歳~4歳前後という事になるでしょう。

映画館で一緒に観られるのは何歳から?

それでは次に、ディズニー映画を映画館で一緒に観られるようになるのは何歳からなのでしょうか?

映画館は、自宅とは違い他のお客さんも大勢いる環境で映画を観る事になりますよね。

小さなお子様の場合、そのような映画館の環境に長時間をいられるのも年齢によって変わってきます。

先ほども解説した通り、長編アニメーションであるディズニー映画の内容を、しっかり理解できるようになるのは、だいたい3歳~4歳前後となっていますので、映画館で最後まで席について映画を楽しめるようになるのは、やはり4歳前後という事になるでしょう。

ディズニー映画の内容を理解できないと、お子様の場合飽きてしまい席を立ったり大声や泣きだしてしまう可能性もあります。

そうした場合、まわりのお客さんにも迷惑をかけてしまうので、映画館でディズニー映画をお子様と楽しみたい場合は、お子様が4歳前後になってからがおすすめです。

映画館で子供と一緒に観る時の注意点

では次に、映画館でディズニー映画を子供と一緒に観る時の注意点について見ていきましょう。

いくら4歳前後になっていても、子供の場合突然予期せぬ事態が発生する事もあります。

そのような時に、慌てないで済むようにここでご紹介する注意点を覚えておくと安心です。

後方部分の席を確保する

まず1つ目は、後方部分の席を確保するという事です。

お子様が途中でぐずったり、トイレに行きたくなった時に、後方部分の席にいればある程度自由がききます。

さらに、通路側の席に座っていれば、立ち上がっても他のお客さんに迷惑がかからないので安心です。

子供向けのサービスの有無を確認する

2つ目は、子供向けのサービスの有無を確認するという事です。

映画館によっては、お子様歓迎でサービスを用意している所もあります。

「TOHOシネマズ ママズクラブシアター」や「MOVIX ほっとママシネマ」などは、赤ちゃん連れでも大丈夫なようなサービスが揃えられています。

このようなサービスが充実していると、安心して子供連れで映画館に行く事が出来ますよね。

チャイルドシートの有無を確認する

そして3つ目は、チャイルドシートの有無を確認するという事です。

映画館では、お子様の席の前に背の高い人が座ってしまうと、スクリーンが見えなくてお子様が飽きてしまう可能性があります。

そのため、お子様の座高を高くするための、チャイルドシートが用意されているかを確認しておくと安心です。

「TOHOシネマズ」や「MOVIX」などでは、多くの映画館でチャイルドシートが用意されています。

4歳前後のお子様におすすめのディズニー映画

それでは最後に、4歳前後のお子様におすすめのディズニー映画をご紹介していきましょう。

トイ・ストーリー

1つ目は、トイ・ストーリーです。

ディズニープラス トイストーリー

トイ・ストーリは、お子様が大好きなおもちゃが主人公のストーリーで、ワクワクする場面が満載のファンタジー映画です。

自分が寝ている間に、おもちゃたちが動いているのかも!という子供心を、くすぐる内容です。

塔の上のラプンツェル

2つ目は、塔の上のラプンツェルです。

ディズニープラス 塔の上のラプンツェル

好奇心旺盛で金色に輝く長い髪を持つラプンツェルが、憧れていた外の世界へ一歩を踏み出す物語です。

ラプンツェルの表情がコロコロ変わる事や、色鮮やかな色彩もお子様に人気の映画です。

アラジン

そして3つ目は、アラジンです。

ディズニープラス アラジン

長年ディズニー映画として人気がある作品で、色彩豊かな異国情緒溢れる作品になっています。

お子様が大好きな魔法の絨毯や、ランプの魔人ジーニーなどが登場するので最後まで楽しむことが出来ます。

まとめ

さて今回は、ディズニー映画は何歳から観られるのかというテーマで、詳しく解説してみました。

長編アニメーションであるディズニー映画は、お子様の年齢によっては最後まで観ていられないものもありますよね。

しかし、お子様にとって得るものが多いディズニー映画を、小さなうちから観せたいと思っている親御さんも多いと思います。

今回は、映画館で一緒に観られるのは何歳からかという部分もご紹介してみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【まとめ】

「ディズニープラス」の見どころやおすすめシーンについて解説しました。

へ~…? そんな見どころあるんだ~?

1度見てみたいなぁ…

というあなたへ…!

で見れますよ!

ディズニープラスは月額税込み990円で見放題で見れる今アツい動画配信サービスです!管理人もおすすめ!

今すぐ視聴できる!ディズニープラス

クリックすると「ディズニープラス公式HP」に移動します

 

 
 

解約の手順は、次の記事で解説しています。

→ ディズニープラスの解約手順

タイトルとURLをコピーしました